Ecolife情報 > 家庭の対策

給湯器を潜熱回収型の給湯器に置き換える

 潜熱回収型のガス給湯器は「エコジョーズ」、灯油給湯器は「エコフィール」という愛称がつけられています。エコジョーズは2000年から販売が開始されました。

エコジョーズ・エコフィール

 潜熱回収型給湯器は、従来の給湯器では利用されていなかった燃焼排気ガスの熱を回収して、給湯に利用するという仕組みを採っています。形状は既存のガス給湯器、灯油ボイラーとほぼ同じです。

 従来型ではガスや灯油が持っているエネルギーの8割弱程度しか温水として利用できなかったものが、およそ95%を給湯熱として利用することができます。同じだけお湯を使っていても15%程度の省エネになります。排気ガスとして「捨てられていた熱を4分の1にした」といったほうがわかりやすいでしょうか。

 効果

現在都市ガスでお湯を沸かしている場合

ガスの削減(m3)光熱費の削減(円)二酸化炭素排出量の削減(kg)
1ヶ月の削減45009
1年の削減506,000110

現在灯油でお湯を沸かしている場合

灯油の削減(L)光熱費の削減(円)二酸化炭素排出量の削減(kg)
1ヶ月の削減528013
1年の削減603,000150

 費用

 既存の給湯器に比べてやや値段は高めですが、20〜40万円程度で設置ができます。直接インターネットで注文をすると13万円程度から販売されています。また、潜熱回収型給湯器には、国から補助が出ています。(現在は終了)

  エコジョーズ補助:都市ガス振興センター(平成20年度は9月で枠が埋まってしまいました) http://www.gasproc.or.jp/condensing/index.html、 エコフィール補助 http://ecofeel-hojo.paj.gr.jp/

 関連の取り組み

 E07 太陽熱温水器を設置して利用する取組みと併用することができ、CO2を大きく減らすことにつながります。

 電気給湯器の買い替えについての取り組みとして、E62 電気給湯器を、エコキュートに置き換えるといった取り組みもあります。ただし、ガスや灯油からエコキュートに置き換える場合には、必ずしも環境負荷が低減されるわけではありません。ご注意下さい。

 導入のしかた

 給湯器の付け替え工事を頼むときに、「エコジョーズ(エコフィール)でお願いします」と一言伝えてください。

 おすすめの家庭

 ふだんのお湯の消費量が少ない家庭や、家族が帰省したときに極端に多くのお湯を使う可能性がある家庭におすすめです。エコキュートのように湯切れの心配はありません。

 コメント



  編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   新規   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-05 (水) 21:30:47 (82d), by 有限会社ひのでやエコライフ研究所